無顆粒球症/発熱性好中球減少症

無顆粒球症は、細菌などの異物を排除する機能を持つ好中球が著しく減少している状態です。顆粒球数はほぼ0または500 /μL以下となりますが、基本的に赤血球や血小板の数は減少しません。

irAEの早期発見のために

irAEの適切な対処法