免疫性血小板減少性紫斑病

免疫性血小板減少性紫斑病(immune thrombocytopenic purpura;ITP)は、何らかの原因で出現した自己抗体(血小板結合性免疫グロブリンG;PAIgG)が血小板膜表面に結合することによって脾臓などで血小板破壊が亢進した結果、末梢血中の血小板が減少して出血傾向を示す疾患です。

irAEの早期発見のために

irAEの適切な対処法