【大腸炎】 関連する検査と特徴的な所見: 診断に必要となる検査

関連する検査と特徴的な所見: 診断に必要となる検査

1. 血液検査による炎症反応の確認
オプジーボ、ヤーボイによる大腸炎を診断するためには、まず血液検査で白血球、赤血球沈降速度(ESR)、C反応性蛋白(CRP)などを測定して炎症反応を確認するとともに、赤血球やヘモグロビンより腸管粘膜からの出血を、アルブミンなどからは栄養状態を確認します。

2. 便・血液培養による感染症の確認
下痢や腹痛といった症状をもとに「感染性腸炎」を「免疫チェックポイント阻害薬による大腸炎」と誤診し、ステロイドや免疫抑制剤を使用し…

キーワード:大腸炎,下痢,血液検査,感染症,炎症所見,内視鏡検査,CT検査,病理組織検査,消化器専門医

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

会員登録いただきますとirAEアトラス.jpの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録