甲状腺機能障害

  • 「病態・発現状況: 病態と臨床症状」、「病態・発現状況: 発現状況」、「関連する検査と特徴的な所見」、「関連する検査と特徴的な所見: 検査一覧表」、「診断方法: 診断フロー」、「診断方法: 鑑別すべき疾患」、「治療」、「臨床からの実例」を更新しました。

オプジーボ、ヤーボイの投与による甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、甲状腺炎、副甲状腺機能障害等)の発現が報告されています1-3)。これらのirAEの症状は非特異的であるため、治療機会を逸することのないよう細心の注意を払う必要があります。
ここでは、成因・病態や早期発見のための検査項目、発現が疑われる場合の適切な対処法などについてご紹介します。

irAEの早期発見のために

irAEの適切な対処法

  1. 小野薬品工業:オプジーボ 添付文書、2019年2月(第22版)
  2. ブリストル・マイヤーズ スクイブ:ヤーボイ 添付文書、2018年8月改訂(第7版)
  3. Myint Aung Win, et al. Am J Emerg Med. 2017; 35(7): 1039. e5-1039. e7
監修:
和歌山県立医科大学 内科学第一講座 講師 稲葉秀文 先生
名古屋大学 総合保健体育科学センター 講師 /名古屋大学大学院 医学系研究科 糖尿病・内分泌内科学 岩間信太郎 先生
和歌山県立医科大学 内科学第一講座 講師 有安 宏之 先生
東京大学医学部附属病院 腎臓・内分泌内科 講師 槙田 紀子 先生
総監修:
和歌山県立医科大学 内科学第一講座 教授 赤水尚史 先生