【内分泌系総論】 膵ランゲルハンス島ホルモンと糖尿病

 膵ランゲルハンス島ホルモンと糖尿病

膵臓は、膵液を分泌する外分泌(腺房)が95%以上を占めますが、腺房の間に島状に存在するランゲルハンス島は内分泌機能を有しています。ランゲルハンス島は膵臓において約100万個あり、膵頭部よりも膵体部や膵尾部に多く存在します。ランゲルハンス島は主にα細胞、β細胞(60~80%を占める)、δ細胞で構成され、α細胞はグルカゴン、β細胞はインスリン、δ細胞はソマトスタチンを分泌しています。インスリンは高血糖に反応して分泌され、肝細胞、脂肪細胞、筋細胞などに作用して…

キーワード:内分泌障害,ホルモン,ランゲルハンス島,膵臓

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

会員登録いただきますとirAEアトラス.jpの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録