【下垂体機能低下症・下垂体炎】 診断方法: 鑑別すべき疾患

・頻度は高くないものの、脳・下垂体腫瘍(転移性を含む)との鑑別が必要です
・下垂体MRI(単純・造影)所見が参考となる場合があります
・下垂体炎の極期では、下垂体の腫大およびMRI T1強調画像で強い造影所見を示します。造影効果は均一または不均一いずれの症例も報告されています1)

キーワード:内分泌障害,下垂体機能低下症,下垂体炎,下垂体腫瘍

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

会員登録いただきますとirAEアトラス.jpの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録