【総論】 臓器移植歴(造血幹細胞移植歴を含む)のある患者への使用

臓器移植歴(造血幹細胞移植歴を含む)のある患者への使用

オプジーボの投与により移植臓器に対する拒絶反応又は移植片対宿主病が発現するおそれがあるため、 移植歴のある患者にオプジーボを使用する場合は、慎重に投与してください。
PD-1経路は末梢の免疫寛容に関連し、移植片の定着にも重要な役割を果たすことが報告されています2)。
臓器移植後の患者にオプジーボを投与すると、PD-1経路が阻害されて移植臓器へのT細胞免疫が過度に活性化し、移植片拒絶反応を発現する可能性があります。
移植歴のある患者にオプジーボを使用する際…

キーワード:総論,臓器移植,造血幹細胞,移植片拒絶反応,植片対宿主病

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

会員登録いただきますとirAEアトラス.jpの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録