【総論】 ヤーボイの作用機序

ヤーボイの作用機序

ヤーボイは細胞傷害性Tリンパ球抗原-4(CTLA-4)に対する抗体であり、CTLA-4とそのリガンドである抗原提示細胞上のB7.1(CD80)およびB7.2(CD86)分子との結合を阻害することにより、活性化T細胞における抑制的調節を遮断し、腫瘍抗原特異的なT細胞の増殖、活性化および細胞傷害活性の増強により腫瘍増殖を抑制します。
また、ヤーボイは、制御性T細胞(Treg)の機能低下および腫瘍組織におけるTreg数の減少により腫瘍免疫反応を亢進させ、抗腫瘍…

キーワード:総論,作用機序,T細胞の活性化持続,Tregの阻害

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

会員登録いただきますとirAEアトラス.jpの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録