【間質性肺疾患】 病態・発現状況: 間質性肺炎とは

病態・発現状況: 間質性肺炎とは

間質性肺炎では、肺の間質に特異的に炎症が起こり、血液に酸素が取り込めず低酸素血症となり呼吸困難が出現します(図1)。また、進行し結合組織が増加して間質が厚く硬くなり(図2)、広範囲に炎症や線維化が進むと、呼吸不全となり死に至ることがあります。
一般的に薬剤性肺障害の発症機序は不明ですが、基本的には細胞障害性薬剤によるⅡ型肺胞上皮細胞、気道上皮細胞あるいは血管内皮細胞に対する直接毒性、および免疫系細胞の活性化(おそらくはハプテン作用、あるいは抗原mimic…

キーワード:間質性肺疾患,ILD,病態,投与を避けるべき患者

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

会員登録いただきますとirAEアトラス.jpの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録