【間質性肺疾患】 病態・発現状況: 臨床症状

間質性肺炎で特徴的な症状
・咳嗽(痰を伴わない)
・息切れ、呼吸困難
・ラ音の聴取
乾性の咳、息切れ/呼吸困難、ラ音の聴取、皮疹などの症状や臨床所見が認められたときには、間質性肺炎が疑われます1)。また、喘鳴や発熱、食欲不振を伴う場合もあります2-4)。間質性肺炎の初期の自覚症状は風邪と似ているため、見逃さないよう注意が必要です。患者さんにもその点をよく説明し、咳や息切れなどの自覚症状があればすぐに連絡するようご指導ください。SpO2値は簡易的に測定でき…

キーワード:間質性肺疾患,ILD,特徴的な症状,咳嗽

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

会員登録いただきますとirAEアトラス.jpの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録