腎障害

オプジーボ、ヤーボイ投与による腎障害の発現が報告されています1,2)。発症早期は無症状の場合が多く、血清クレアチニンの増加が腎障害を見つける重要なサインになります3)。しかし、重症化すると血液透析が必要になる恐れ4)がありますので注意が必要です。
ここでは、成因・病態や早期発見のための検査項目、発現が疑われる場合の適切な対処法などについてご紹介します。

irAEの早期発見のために

irAEの適切な対処法

  1. 小野薬品工業:オプジーボ 添付文書、2017年9月改訂(第16版)
  2. ブリストル・マイヤーズ スクイブ:ヤーボイ 添付文書、2016年4月改訂(第4版)
  3. Eigentler TK, et al. Cancer Treat Rev. 2016; 45: 7-18
  4. Cortazar FB, et al. Kidney Int. 2016; 90: 638-647
監修:
東京女子医科大学東医療センター 泌尿器科 教授 近藤 恒徳 先生
日本医科大学 泌尿器科 准教授 木村 剛 先生
東京女子医科大学病院 腎臓内科 助教 亀井 大悟 先生