【心筋炎・筋炎】 診断方法

心筋炎の診断は、急性心筋炎の診断手引き1)に従い行ってください。基本的には心筋梗塞が除外でき、心筋生検で活動性病変1)が確認されれば確定診断となりますが、心筋生検の実施が難しい場合には、心臓MRIが有用と報告されています2)。

急性心筋炎の診断手引き
1.心症状*1に先行して、かぜ様症状*2や消化器症状*3、また皮疹、関節痛、筋肉痛などを発現する。無症状で経過し、突然死にて発見されることもある
2.身体所見では、頻脈、徐脈、不整脈、心音微弱、奔馬調律(…

キーワード:重症筋無力症,心筋炎,筋炎,急性心筋炎,診断手引き,心内膜心筋生検

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

会員登録いただきますとirAEアトラス.jpの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録