【心筋炎・筋炎】 病態・発現状況: 病態と臨床症状

筋炎とは、T細胞やマクロファージが正常な筋組織へ浸潤することによって起こる横紋筋の炎症であり、炎症の首座が心筋の場合が心筋炎です。心筋炎は発症様式によって「急性」と「慢性」に分けられ、急性心筋炎のうち発症初期に心肺停止などの危機に陥るものを「劇症型心筋炎」と呼びます。
筋炎では筋肉の痛みやからだに力が入らない、発熱、飲み込みにくい、息苦しい、発疹などの臨床症状が発現し、臨床検査値ではクレアチンキナーゼ(CK)やミオグロビンなどの上昇が認められます。オプジ…

キーワード:重症筋無力症,心筋炎,筋炎,病態,劇症型心筋炎

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

会員登録いただきますとirAEアトラス.jpの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録