【皮膚障害】 臨床からの実例 (症例③〜④)

臨床からの実例 (症例③〜④)

症例③ オプジーボ投与により多形紅斑が出現した症例

年齢、性別
70歳代、女性
原発
悪性黒色腫
転移部位
肺転移、脳転移、肝転移、髄膜播種、骨髄膜転移、脊髄転移、骨転移、副腎転移、リンパ節転移
自己免疫疾患の既往・合併

その他の既往・合併
副腎不全
併用薬
デキサメタゾン、アセトアミノフェン、デュロキセチン塩酸塩、フロセミド、メトクロプラミド、ブロチゾラム、ランソプラゾール、クエン酸第一鉄ナトリウム、センノシド、スルファメトキサゾール・トリメトプ…

キーワード:皮膚障害,スティーブンス・ジョンソン症候群,中毒性表皮壊死融解症,SJS,TEN

これより先は会員限定になっております。ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

会員登録いただきますとirAEアトラス.jpの情報はもちろん、文献情報やニュース等、関連サイトの様々な情報をご覧いただけます。

会員登録